読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ、いい意味で

ポケモンなどの由無し事をつらつらと

【SMシーズン1使用構築】デンジュモクン バレット ~シュカデンジュモク軸~ 【最高&最終2013】

アローラ! モツです。

まずはシーズン1お疲れ様でした。

 

今回、シーズン1で目標としていた2000を達成する事が出来たので、記念に記事を残しておこうと思います。

 

使用した構築がこちら。

f:id:motsu_shichimi:20170118162452p:plain

 

今期途中まではメガハッサム入りのサイクルパを使っていたのですが、予想外の高火力にサイクルを崩壊させられ、レートは1700で停滞するばかり。それなら上から全抜きを狙ったほうが得策ではと思い立ち、まずは噂のZ催眠デンジュモクを採用。

これで上からひたすら叩いて、最悪全員眠らせてeasywinだぜぐへへ…と私は愚かにもこの時こう考えていました。

このZ催眠とかいう奴はとにかく安定しない。もちろん狙った通りの全抜きをする時もありましたが、環境にコイツを止める事が出来るポケモンが多く、結局素催眠頼りな場面ばかりになるのが弱く感じました。(私の展開の仕方が下手だったのもあります。)

それなら、止めに来るポケモンを逆に狩る事が出来るデンジュモクがいたら最強じゃないか?というあまりにも安易な考えからこの構築が出来ました。何故だ。

 

 

 

以下個別解説。

 

f:id:motsu_shichimi:20170118175308p:plain

デンジュモク@シュカの実

特性:ビーストブースト

性格:臆病

実数値:171(100)-x-92(4)-211(142)-93(12)-148(252)

技:10万ボルト/めざ地/草結び/蛍火

 

PTの要。動きが一々いやらしい。ハレンチな!

上記の通り、デンジュモクが呼ぶポケモン、または並びそのものを崩せる。

ステロ展開から、PTで呼ぶマンムーを相手取り、草結びで処理。エナジーボールじゃない理由は、H振りのマンムーを確一に出来ないからである。

その後出て来るジバコ、ガラガラといったポケモンをめざ地で倒し、マンダが出てきた場合は、特化マンムーの礫+特化マンダの地震をシュカで耐え、ステロ一回分+一段階上昇10万ボルトで倒すことが出来る。

カグヤに受け出しをしても、マンムーに最後っ屁で礫を撃たれたとしても地面耐性を失わないところが風船との一番の違いであり、「相手に地震を撃たせる」のも大きな強みである。1舞したギャラドスとの対面で、相手が地震を撃ってきたときは思わずほくそ笑んでしまった。性格の悪さが滲み出ている。反省。

 

 

f:id:motsu_shichimi:20170118190244p:plain

メタグロス@メガ石

特性:クリアボディ→硬い爪

性格:陽気

実数値:メガ前

    169(108)-177(172)-151(4)-x-111(4)-129(220)

              メガ後

    169-187-171-x-131-173

技:コメットパンチ/バレットパンチ/アームハンマー/地震

 

バレットのバレットの方。

タイトルに名を連ねているが、実は最終日の午前4時に突発的に入れた為、特に語ることがない。

それまでここの枠には、ブルルガルドマンダを構成するギルガルドが入っていたが、上位にガルーラが多く、上から殴れる鋼枠を探していたら何か出てきた。

それでも2000到達の1つ前の試合で大活躍してくれたので満足。

 

 

f:id:motsu_shichimi:20170118193619p:plain

マンムー@気合の襷

特性:鈍感

性格:陽気

実数値:185-182(252)-100-x-81(4)-145(252)

技:氷の礫/地震/ステルスロック/吠える

 

ステロ絶対撒くマン。

出す時はほぼ初手。

地震を撃つ事が正解のお見合い対面でも、とにかくステロを撒いていた。

こうする事で、マンムーを微妙に削った状態でデンジュモクを繰り出す事が出来、相手に礫を撃たせない動きが出来たりする。珠持ちは知らん。

氷柱張りが欲しい場面もいくらかあったが、起点回避の吠えるで良かったと思う。

 

 

f:id:motsu_shichimi:20170118195716p:plain

ボーマンダ@メガ石

特性:威嚇→スカイスキン

性格:無邪気

実数値:メガ前

    171(4)-155-100-161(252)-90-167(252)

              メガ後

    171-165-150-171-99-189

技:捨て身タックル/地震/大文字/竜星群

 

最速の両刀マンダ。

カグヤを処理出来るのがジュモク君しかいないのが辛すぎて、竜舞羽休め型から変更したが、思ったよりも強い。マンダ対面で安定したり、ハッサムを一撃で倒せたりと選出率が格段にあがった。

読まれにくいのも自分好み。

 

 

f:id:motsu_shichimi:20170118201439p:plain

カプ・テテフ@拘りスカーフ

特性:サイコメーカー

性格:控えめ

実数値:157(92)-81-95-200(252)-135-136(164)

技:サイコキネシス/ムーンフォース/10万ボルト/サイコショック

 

お掃除役のスカーフテテフちゃん。

この子を一目見た時から、脳裏にはひぐらしの羽入がずっと浮かんでいた。なのです☆

スカーフテテフではあるが、準速ではなく特化ミミッキュのシャドークロー確定耐えまでHに振っている。

準速である事よりも、ステロさえ撒いていればミミッキュに対面で負ける事はなく、抜き性能が格段に上昇するこの調整の方がメリットが大きかった。

 

 

f:id:motsu_shichimi:20170118205309p:plain

カプ・ブルル@カプZ

特性:グラスメイカー

性格:意地っ張り

実数値:177(252)-193(196)-135-x-115-103(60)

技:ウッドハンマー/馬鹿力/挑発/自然の怒り

 

火力お化けの牛さん。なんjの申し子。

受けに出てくる鋼をガーディアンで削って、裏の圏内にいれる為にZで採用。

挑発は起点回避や鈍足耐久ポケをなんやかんや出来て何だかんだ有用であった。

と言っても実際はブルル自身よりもグラスメイカーが対戦に役立っていた。

図鑑によるとものぐさらしいからね。仕方ないね。

 

 

 

基本的にマンムー+デンジュモク+テテフ、ブルル+ガルド+マンダマンムー+マンダ+@1という選出が多かったです。マンマンジバコ系の構築にはほぼ勝てましたが、刺さってもないのにデンジュモクを選出して落としてしまった試合もいくつかありました。完全にただの脳死出したがり野郎になってましたね。

他には、ガルーラ入りのPTは初手ガルーラから入ってくるので、初手テテフで選出。

ステロが刺さっていないカグヤ入りにはデンジュモクから入るとアドが取り易かったです。

 

重いポケモンは、レートの守り神ガブ・リアスです。

本当にどんな環境でも強い。何だコイツ。

 

 

 

最後に

Z技の登場や、カプ、UBの存在、鋼ポケの流行など、目まぐるしく環境が移ろう難しいシーズンで、苦しい戦いを強いられた人も多かったと思います。そんなバンク解禁前の限られた環境だったので、目標を達成出来た事は素直に嬉しいです。

しかし2200勢も早速出てるので、自分もさらに上を目指せるように次のシーズン以降も頑張っていきたいと思います。講義をサボり過ぎない程度に。

 

それでは駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

f:id:motsu_shichimi:20170118222126j:plain

 

 

 

f:id:motsu_shichimi:20170118222245j:plain

f:id:motsu_shichimi:20170118222313j:plain

 

何かあれば@motsu101まで。